乾燥による小じわを目立たせなくするには?

加齢に伴い小じわが目立ち始めたと感じている人は多いのではないでしょうか。その原因は肌の乾燥にあります。年齢を重ねるにつれてコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドが減少することで肌の乾燥はどんどん加速していきます。

角質にうるおいをため込んでおく力が衰えてしまいバリア機能も低下してターンオーバーも不活発になってしまい肌細胞の再生もうまくいかなくなってしまうので、ある程度の年齢になったら乾燥を防いで小じわ対策を始めなければなりません。

私の場合は30歳を過ぎた頃から急激に肌が乾燥しやすくなりそれに伴い小じわも目立つようになりました。

とくに気になる箇所が目元や口元です。

ファンデーションが小じわの隙間に入り込んでしまうことでさらに目立たせてしまうこともありとても困っていました。

 

小じわがあることで老けた印象になってしまい見た目年齢にも影響するので思い切って対策に努めることにしました。

乾燥による小じわを目立たなくさせるためのおすすめの対策は、とにかく保湿を徹底するということです。保湿効果を高めるために手間を惜しまずに丁寧なスキンケアを心がけました。パックやふき取り化粧水やピーリング剤を駆使して角質ケアも行いました。

角質を健やかに保つことで化粧品の浸透力が高まり効率的に肌に作用させることができるようになるからです。

化粧水をつける前にはブースターを使用して角質を柔らかくするという工程もスキンケアに取り入れています。

この一手間を加えることで浸透力に大きな差が生まれます。化粧水はたっぷりとハンドプレスで二度づけしたりシートマスクやコットンでなじませたりして角質の奥の方までうるおいが行き渡るように心がけました。

保湿効果を高めるための美容液やアイクリームもスキンケアに取り入れて、乾燥による小じわが気になる目元や口元に働きかけました。

このような丁寧なスキンケアによる徹底的な保湿ケアを心がけたところ、見事に小じわが目立たなくなりました。

これからも年齢に負けない美肌づくりに努めていきたいです。